閉じる

トップ > 会社情報 > ニュースリリース > 2017年1月26日

会社情報 ニュースリリース

2017年1月26日

福山市との災害時応援協定の締結について

 アサヒグループ食品株式会社(本社 東京、社長 唐澤範行)は、1月26日(木)に広島県・福山市との間で「災害時応援協定」を締結します。

 福山市は、アサヒグループ食品の製造子会社である天野実業株式会社(本社 広島、社長 遠藤寛)の発祥の地であり、現在も福山市には、天野実業の本社のほか、フリーズドライの「アマノフーズ」ブランドのアンテナショップが存在しています。また、2016年の熊本地震の際には、アサヒグループ食品が福山市を通じて支援物資としてフリーズドライ食品の提供を行った経緯もあるなど、今回の協定は福山市との深い関わりを背景に締結に至ったものです。
 本協定の締結により、福山市で地震・風水害などの災害が発生した場合、アサヒグループ食品は、福山市からの要請により、フリーズドライ食品などの物資の供給を行うことになります。

 アサヒグループ食品が展開する「アマノフーズ」ブランドのフリーズドライ食品は、おみそ汁を はじめ、雑炊・にゅうめん・シチュー・パスタ・カレーなどの豊富なアイテムが揃っており、幅広い世代の方々にご好評をいただいています。
 さらに、近年、フリーズドライ食品は、その特長でもあるお湯を注ぐだけで簡単に調理できることや、軽量・コンパクトで持ち運びに便利なこと、(真空下で高温をかけずに乾燥させることができるため)食材の味・食感・色・風味が損なわれにくく、本格的な味わいを楽しめることなどから非常用の備蓄食としても注目を集めています。
 また、被災された経験のあるお客様※1から、「温かい食事をして、やっと生きている実感がわきました」「特に即席おみそ汁など、温かいスープに触れると喜びを感じました」など、温かい食事を要望する声が出てきました。

 アサヒグループ食品は、従来より、ローリングストック法※2によるフリーズドライ食品の非常食への活用を積極的にご提案してまいりました。今回の災害時応援協定を通じて、福山市の防災対策の推進に貢献してまいります。

  • ※1 平成25年度に天野実業(株)で「被災された経験のあるお客様(197名)」を対象に実施したアンケートより引用
  • ※2 ローリングストック法 :普段の生活で使用する衣食住に必要なものをストックしておき、使用した分を補充しながら、有事の際には非常用品として活用する方法

お客様からのお問合せ先

アサヒグループ食品株式会社
お客様相談室 電話: 0120-988-668

PAGE TOP
ページ先頭へ戻る
公式SNS Facebook Twitter Youtube 一覧

一覧公式SNS

ページ先頭へ戻る