閉じる

トップ > 会社情報 > ニュースリリース > 2017年2月24日

会社情報 ニュースリリース

2017年2月24日

裏ごししたにんじんをフリーズドライ
赤ちゃんの初めてのひとさじにピッタリ!
『はじめての離乳食 裏ごしにんじん』
3月1日(水)新発売!

 アサヒグループ食品株式会社(本社 東京、社長 唐澤範行)は、和光堂ブランドで展開する、離乳食開始頃の初めてのひとさじに最適な、素材を裏ごししたフリーズドライのベビーフード「はじめての離乳食」から、『はじめての離乳食 裏ごしにんじん』を3月1日(水)より全国で新発売します。

 『はじめての離乳食 裏ごしにんじん』は、国産にんじんをゆでて滑らかに裏ごしました。

 「はじめての離乳食」は、下ごしらえが大変な野菜、魚、肉などを裏ごしした、フリーズドライのベビーフードです。1包にフリーズドライのキューブが3個入りで、1個につき、約5ml(小さじ1杯分)のお湯で溶くだけで裏ごしペーストが出来上がります。1個がひとさじ分になっているので、赤ちゃんの初めてのひとさじに最適です。また、おかゆやスープなどにトッピングとしていれるなどアレンジも可能なので、離乳食メニューの幅も広がります。食塩や砂糖は使っていません。

 今回、子育て中のママに、離乳初期に調理が面倒だと感じている食材について調査をしたところ、「繊維までつぶすのが大変」「やわらかくゆでるのに時間がかかる」などの理由から、野菜系が上位にあがりました。そのなかでも、特に、下ごしらえが面倒だと感じているのが、1位にんじん、2位ほうれん草、3位かぼちゃ、という結果になりました。(2016年アサヒグループ食品調べ n=238)

 ベビーフード市場は、少子化の中、働くママの増加やライフスタイルの多様化で、2016年は対前年比108%と好調に推移しています。和光堂ブランドで展開しているベビーフードは、粉末やレトルトタイプを中心とした多彩なラインアップでお客さまからご支持をいただき、対前年比114%と大きく伸長しました。(2016年アサヒグループ食品調べ)

 和光堂が1937年に国産初のベビーフード「グリスメール」を発売してから、今年で80周年を迎えます。これからも、毎日忙しいママたちを応援するベビーフードを展開してまいります。

商品概要

商品名 はじめての離乳食 裏ごしにんじん
対象月齢 5か月頃から
内容量 2.2g
希望小売価格 オープン価格
発売日 2017年3月1日(水)
販売店 ベビー専門店、ドラッグストア、スーパーなど

本件に関するお問合せ先

アサヒグループホールディングス株式会社
広報部門 電話: 03-5608-5126

お客様からのお問合せ先

アサヒグループ食品株式会社
お客様相談室 電話: 0120-88-9283

ページ先頭へ戻る
公式SNS Facebook Twitter Youtube 一覧

一覧公式SNS

ページ先頭へ戻る