• 加齢に伴う変化
    Aging

食事編

高齢者になるとこんなことがあります。

いつまでも食事を楽しみ、健康を維持するためには、加齢とともに起きる変化や状況にあった食生活を工夫していくことが大切です。
それでは高齢者になると、食生活にどのような変化があるのかを見ていきましょう。

  • Case 1
    固いものが食べにくくなる。

    歯が弱くなったり、入れ歯のため、固いものが食べづらくなります。噛む力が若い頃の1/3から1/4になるとも言われています。

  • Case 2
    脱水症状を起こしやすくなる。

    のどの渇きに鈍くなり、脱水症状になりやすくなります。トイレを気にして水分摂取を控える人もいるようです。

  • Case 3
    むせやすくなる。

    飲み込む力が弱くなり、のどにつかえやすくなります。

  • Case 4
    パサパサしたものが食べにくくなる。

    唾液の分泌量が減少し、パンなどの乾燥した食べものが喉につまりやすくなります。

  • Case 5
    濃い味付けを好むようになる。

    味覚が衰える傾向があり、濃い味付けを好むようになります。特に塩味と甘みを感じにくくなると言われています。

  • Case 6
    食欲がなくなる。

    視力や聴覚の低下などにより、食欲が低下します。

  • Case 7
    便秘になりやすい。

    腸の運動能力が低下し、消化機能が衰えることが原因のひとつと言われています。

  • Case 8
    胃がもたれやすい。

    胃粘液の分泌が低下しやすくなるためです。膵液の分泌も加齢とともに低下しやすく、低下すると脂肪の消化・吸収力が弱くなります。

「おとしよりに喜ばれる食事」 杉橋啓子著/新企画出版社
「やさしくつくれる 家庭介護の食事」-おいしく楽しく元気なくらし- 西原修造・田中弥生 共著/日本医療企画

衛生編

高齢者になるとこんなことがあります。

加齢とともに生理機能が低下し、肌や口腔内のトラブルが起こりやすくなります。
そのままにしておくと不衛生なだけでなく、2次的な疾病につながることもあります。
高齢者になると身体にどのような変化があるのか、見ていきましょう。

  • Case 1
    口腔内のトラブルが発生しやすくなる。

    加齢とともに唾液の分泌量が少なくなり、細菌が繁殖しやすい状態になります。免疫力が低下し、歯周病や口内炎などを引き起こしやすくなります。

  • Case 2
    口臭に悩まされる。

    入れ歯を使用していると、食べ物のカスがたまりやすくなります。うがいや歯みがきが困難な人は、口腔内が不衛生な状態になりやすいので注意が必要です。

  • Case 3
    皮膚がカサカサしてくる。

    皮膚の一番外側、角質層の保水機能が低下するからです。すねや腰回りは特にカサカサしやすい部位です。冬になると空気が乾燥するため、カサつきやすく、かゆみを感じることもあります。

  • Case 4
    体臭が気になる。

    年齢とともに体臭が変化します。皮脂中に過酸化脂質の量が多くなり、加齢臭(ノネナール)が発生しやすくなるからです。加齢臭は年齢とともに増加します。

  • Case 5
    免疫力が低下する。

    細菌などの影響を受け、感染症などにかかりやすくなります。年齢とともに、免疫力が低下するためです。