閉じる

トップ > 会社情報 > ニュースリリース > 2019年7月29日

会社情報 ニュースリリース

2019年7月29日

ベビーフード市場は5年で1.2倍に拡大。伸長する市場にプレミアムライン発売
離乳食期に30種の食材体験で、赤ちゃんの味覚をサポート!
新シリーズ「WAKODO GLOBAL」7品
2019年9月2日(月)新発売

 アサヒグループ食品株式会社(本社 東京、社長 尚山勝男)は、30種の食材体験で味覚をサポートするプレミアムライン「WAKODO GLOBAL」7品を9月2日より全国で発売します。

 ベビーフードは、国内の出生率・出生数の低下により少子化が進んでいるにも関わらず、共働き世帯の増加、手早く準備できる食事の一つとして積極的に活用したいという考え方の普及などを背景に市場が伸長しています。2018年は5年前と比較して市場は1.2倍に拡大しました。2019年3月には厚生労働省が策定する「授乳・離乳の支援ガイド」が12年ぶりに改定され、育児の負担軽減や離乳食作りの参考になるベビーフードの活用について明記され、今後もニーズが拡大していくと考えられます。育児に関する自社調査※1では「家事にかける時間を減らし、子供と過ごす時間を増やしたい」「家庭で作っている離乳食の栄養バランスが気になる」などの悩みがあることが分かりました。また、ベビーフードの利用率は、子どもと向き合う時間が短いと思われるフルタイム勤務の方ほど高い傾向にあり、このような方々のお役立ち商品となる新ブランドとして「WAKODO GLOBAL」を提案します。

  • ※1 2019年4月実施 アサヒグループ食品オリジナル調査

 「WAKODO GLOBAL」は30種の食材を体験し、離乳食期に様々な味を学ぶことで味覚を広げるサポートをするベビーフードです。7か月頃から・9か月頃から・12か月頃からの3つの発育ステージに合わせて7品をラインアップしており、同ベビーフードを通じて30種の食材を体験することができます。肉・野菜は国産食材を、お米はコシヒカリ、うどんは讃岐うどんを使用しており、原材料にもこだわっています。また、和光堂ベビーフードでは初となる鉄・カルシウムを配合し、離乳食期に不足しがちな栄養が補給できます。この他、魚が含まれているメニューでは魚由来のDHAも摂ることができます。「WAKODO GLOBAL」は、子どもの成長のために、食材や栄養バランスにこだわったものをあげたいという働きながら子育てをする方のニーズに向けたプレミアムラインの商品です。

 「WAKODO GLOBAL」はシリーズ全体を小児科専門医、文教大学教育学部教授である成田奈緒子先生に監修いただきました。ウェブサイトを開設し、赤ちゃんの五感を育む“五感の刺激”について発信をします。味覚、聴覚、嗅覚、視覚、触覚を刺激するための、食事中の語りかけ動画や育児アドバイス、五感を育むおうち遊びなど色々な情報を提供します。

■WAKODO GLOBAL専用WEBサイト:https://www.wakodo.co.jp/product/special/babyfood/babyfood/global/

成田 奈緒子先生 監修:成田 奈緒子先生
小児科医。発達脳科学者。文教大学教育学部特別支援教育専修教授。
文部科学省「リズム遊びで早起き元気脳」実行委員長。
子育てを応援する専門家による「子育て科学アクシス」を主宰。

 和光堂ブランドは、ベビーフードシェアNo.1※2ブランドとして、安全・安心・便利であることに加え、楽しい子育てがサポートできる商品を提案していきます。

  • ※2 資料出所:INTAGE SDI/ベビーフード市場/全国(沖縄を除く)/全業態/2002.11〜2018.12(金額)

商品概要

シリーズ名 WAKODO GLOBAL
対象月齢 7か月頃から 9か月頃から 12か月頃から
品名 しらすとたらのとろふわ雑炊 まぐろときのこのまぜごはん いわしと根菜の炊き込みごはん
鶏肉のけんちんうどん 豚肉と緑黄色野菜の
グラタン(レバー入り)
ゴロゴロ野菜のビーフカレーライス
鯛と豆腐のみそ煮込みうどん
内容量 80g 120g
発売日 2019年9月2日(月)
希望小売価格 200円(消費税別)
販売店 ベビー専門店、スーパー、ドラッグストアなど

お客様からのお問合せ先

アサヒグループ食品株式会社
お客様相談室 電話: 0120-889283

PAGE TOP
ページ先頭へ戻る
公式SNS Facebook Twitter Youtube 一覧

一覧公式SNS

ページ先頭へ戻る