閉じる

トップ > 会社情報 > ニュースリリース > 2020年1月29日

会社情報 ニュースリリース

2020年1月29日

2020年 アサヒグループ食品事業方針
「多様化するライフスタイルを見据えた主要ブランドの新価値提案により、
新たな需要を創出し、アクティブな生活をサポートします」
スポーツ機運の高まりや更なる健康志向を背景に、
人々の健康や前向きな気持ちを応援!

 アサヒグループ食品株式会社(本社 東京、社長 尚山勝男)は、グループ理念“Asahi Group Philosophy”で掲げるミッション「期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造」のもと、長期ビジョンとして「『おいしさ+α』をもっと身近に。食の探求により、『おいしさ+α』をお客様にお届けし、新たな生活スタイルの提案をします」を掲げています。
 赤ちゃんからシニアまで、幅広い世代の方々のライフステージと、毎日のあらゆるシーンやライフスタイルに寄り添う商品ラインアップの強みを活かし、お客様のさらなる満足を追求します。

2020年 アサヒグループ食品事業方針 主要ブランドの取り組み

 2020年は、引き続き少子高齢化の進行、単身世帯・共働き世帯の増加、在宅介護の増加などの社会動向に加えて、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催によるスポーツ機運の高まりや、フレイル健診導入による高齢者の健康寿命支援などから、日々の健康的な体づくりや、前向きな気持ちや行動に、より関心が高まる年となることが予想されます。
 アサヒグループ食品では、2020年の事業方針を「多様化するライフスタイルを見据えた主要ブランドの新価値提案により、新たな需要を創出し、アクティブな生活をサポートします」とし、主要ブランドを中心にアサヒグループ食品ならではの提供価値を訴求することにより、飛躍的成長を目指します。

<主要ブランドの取り組み>

  • ■「ミンティア」
  • ・小粒ならではの瞬間的リフレッシュ価値を提供するレギュラーシリーズ、大粒ならではの持続的リフレッシュ価値を提供する「ミンティアブリーズ」を中心にそれぞれの特徴を活かした商品を積極的に展開し、ユーザー層のさらなる拡大、新たな喫食シーンの開拓に取り組みます。
  • ・スポーツ後のリフレッシュニーズや、働き方改革によるリフレッシュシーンの多様化、訪日外国人の増加などを見据え、まずはレギュラーシリーズから4アイテム(『ミンティア フローズンシトラス』『ミンティア ワイルド&クール JAPANパッケージ(期間限定)』『ミンティア さくら』『ミンティア コーヒー』)を新発売することに加え、「ミンティアブリーズ」においても本年4月予定で商品ラインアップを拡充し、年間を通して新価値提案に取り組みます。
  • ■「アマノフーズ」(みそ汁)
  • ・共働き世帯の増加や、女性の就業率上昇で、“時短・簡便・便利”ニーズが期待されるフリーズドライ食品のさらなる認知拡大に取り組みます。
  • ・みそ汁は主力の「いつものおみそ汁」を中心に全6シリーズを展開する多彩なラインアップであることから、生活スタイルやニーズに合わせて選べる楽しさや、バランスのとれた豊かな食生活に役立つ食品であることなど、日常的にフリーズドライ食品を楽しむシーンを提案していきます。
  • ・フリーズドライみそ汁市場におけるリーディングブランドとして、2020年から2021年にかけ、約19億円の設備投資を実施することで生産能力を約1.3倍に増強し、拡大する需要に対応します。
  • ■「1本満足バー」
  • ・「シリアル」シリーズと、「プロテイン」シリーズを中心に、ヘルシーでかつおいしさと食べ応えを兼ね備えた栄養調整食品として、多様なニーズに対応する栄養補給の提案を強化し、ユーザー層の拡大を図ります。
  • ・スポーツシーンで手軽にプロテインを摂取したい方に向けた「プロテイン」シリーズのラインアップを拡大し、新たにランニング後の喫食シーンを訴求する『1本満足バー プロテイン・ラン』2アイテムを全国で発売し、ブランド全体で14年連続となる売上拡大を目指します。
  • ■「和光堂」(ベビーフード)
  • ・パウチタイプの「グーグーキッチン」、プレミアムラインの「WAKODO GLOBAL」、外出時に便利な「栄養マルシェ」を中心に、トライアルを促進し、新たな需要の創出を図ります。
  • ・本年は、離乳食を手作りする際に負担となる下ごしらえの作業をサポートする商品や、栄養バランスを強化した商品などのラインアップを拡充し、安全・安心・便利であることに加え、楽しい子育てをサポートするブランドであることを訴求していきます。
  • ■「ディアナチュラ」
  • ・ 多様化するニーズ、様々なコンディションに対応するシリーズサプリメントとして、「ボトルタイプ」、「パウチタイプ」、機能性表示食品「ディアナチュラ ゴールド」、プロテインパウダー「ディアナチュラ アクティブ」のラインアップで、セルフメディケーションを支援します。
  • ・本年は、サプリメントが気になり始めた“サプリメント初心者”やトライアルユーザーを獲得すべくお客様の関心が高い成分を手軽に摂取できるラインアップの拡充を行います。
  • ■「バランス献立」(介護食)
  • ・介護食やとろみ調整食品の「バランス献立」ブランドの認知拡大を図り、調理の簡便さや栄養バランスなどに対応し介護者を支援する商品のラインアップを強化します。
  • ・本年は、日本料理店「なだ万」との共同開発で、料亭のこだわりをご家庭でも楽しめる介護食の新商品を発売します。食材やおいしさ、見た目にもこだわった介護食で、高齢者に“食べる楽しさ”を提案し前向きな気持ちをサポートします。

2019年のアサヒグループ食品 主要ブランドの振り返り

 2019年は、「主要ブランドの新たなチャレンジにより、「おいしさ+α」の価値創造をさらに強化し、お客様のQOL向上をサポートする。」の事業方針のもと、「おいしさ+α」で新たな生活スタイルの提案に取り組みました。
 積極的な新商品投入やリニューアル、お客様とのコミュニケーションなどによりブランド強化を図った結果、「ミンティア」は販売目標を上回る238億円(前年比109%)の売上を達成し、19年連続で過去最高を更新しました。「アマノフーズ(みそ汁)」はおいしさや利便性に加え備蓄食にも適した食品であることを訴求し139億円(前年比105%)を達成しました。
 主要ブランドすべてにおいて前年を上回り、持続的な成長を図ることができました。

主要ブランドの2020年目標と2019年実績

2020年販売目標(金額) 2019年販売実績(金額)
「ミンティア」 244億円(前年比102%) 238億円(前年比109%)
「アマノフーズ」
(みそ汁)
159億円(前年比115%) 139億円(前年比105%)
「1本満足バー」 前年比105% 前年比135%
「和光堂」
(ベビーフード)
前年比104% 前年比101%
「ディアナチュラ」 前年比103% 前年比110%
「バランス献立」
(介護食)
前年比116% 前年比124%

お客様からのお問合せ先

アサヒグループ食品株式会社
お客様相談室 フリーダイヤル: 0120-630611

PAGE TOP
ページ先頭へ戻る
公式SNS Facebook Twitter Youtube 一覧

一覧公式SNS

ページ先頭へ戻る