閉じる

トップ > カラダにいいはなし > 輝くココロの秘訣

 

HEART&SMILE 輝くココロの秘訣

HEART&SMILE 輝くココロの秘訣

今月のゲストはRIKACOさん

今月のゲストはRIKACOさん

撮影/井上満嘉
取材・文/仲田舞衣

Profile

photo
RIKACO
1966年、神奈川県出身。13歳でスカウトされモデルデビュー。数々のCMや人気雑誌で活躍し、その後女優、タレントとしても映画、ドラマ、バラエティと活動の場を広げる。
オーガニックアドバイザー、ビューティスーパーフードマイスターの資格を取得。
2018年、オーガニック、薬膳、スーパーフード、ヴィーガンスイーツを学ぶ資格講座「RIKACO’S ウェルビーイングフードマイスター」を開催。フード、アロマなどを通してメッセージを発信し続けている。
 
オフィシャルサイト
http://www.rikaco.co.jp/
RIKACO’S ウェルビーイングフードマイスター
http://www.superfoods.or.jp/rikaco/

ファッションセンスはもちろん、ライフスタイル全般が幅広い世代から支持されているRIKACOさん。近年はオーガニックアドバイザーなどの資格を活かし、講師としても活躍されています。健康的に美しく年齢を重ねる秘訣、カラダとココロのケアを伺いました。

――前半で自分の体質に合った食生活を心がけることなど、“意識”の重要性を伺いました。ここをもう少し深くお伺いしたいのですが、例えば対人関係において心がけていることはありますか?

photo1RIKACO:つねにオープンマインドでいることですね。さすがに若い頃には気づけませんでしたが、40年近くこの仕事をしてきて、それが一番ストレスにならないことだと感じるようになりました。様々なタイプの人がいて、中には性格的にこの人合わないな、タイプじゃないな、と思うことってこの仕事に限ったことではないと思います。でも、そこで拒絶するだけでは先に進めないし、結果として良い仕事はできないんですよね。まずは自分の気持ちを開いて、相手を受け入れる。ネガティブなところを膨らますのではなく、ポジティブな気持ちで人に会うことが重要だと思います。

――いつ頃それに気づかれたのでしょうか?

RIKACO:30代、自覚的に意識するようになったのは40代になってからかなぁ。 特に今は、そう思っていますね。この仕事を始めて40年と言いましたが、この20年は、本当にあっという間でした。ということは、きっと70歳になるのもすぐだと思うんですよね。子育てもひと段落して、いかに老後を豊かに、ストレスなく暮らすか。今はそこしか考えていないので、日々ストレスがかかることを排除していきたいんです。

――具体的にはどういうことを?

RIKACO:たくさんありますけど、例えば世間に振り回されないようにしたいですね。美容、健康などは特に情報が溢れかえっているでしょ?無駄な情報に一喜一憂するのではなく、穏やかに生活することを心がけていますね。犬の散歩中に花を見て季節の移り変わりを感じたり、夕焼けに感動したり……そういう時間を大切にすると、心に余裕が生まれてきます。

――ストレス発散のために何かをやるというよりは、ストレスの元を排除していく方にシフトチェンジしているのですね。

RIKACO:そう。それが大事なんじゃないかな。たとえ小さなストレスでも、日々蓄積すると心の負担になって、体もむしばんでいきます。逆に、大胆にリフレッシュしなくても、日々の積み重ねで自分をフレッシュにできることはたくさんあると思う。私の場合は、それが料理をしているときや、花を活けているとき、部屋のインテリアをしつらえているときだったりするのですが、ちょっとずつストレスのかからない生活をすることが、結果的にフィジカルにもメンタルにも良い影響を与えるんだと思います。

――睡眠に関してはいかがでしょうか?

photo2RIKACO:今は舞台中※だから、緊張や疲労が続いて眠れたり、眠れなかったり。でも、眠れないことをあまり考えすぎない方がいいんじゃないかな。肉体的に疲れれば自然と眠れるときが来るだろう……程度にしか気にしていません。
ただ、特に睡眠のためにではありませんが、朝と夜、自分の体と向き合う時間を30分は作っています。具体的には、就寝前と起床時に「ヤムナメソッド」といって、ボールを使ったストレッチを行っています。筋肉を刺激して活性化させる使い方もあれば、1日の終わりに体をリラックスさせるやり方もあって、これは体調管理にとてもオススメです。朝は起きた時に固まっている筋肉をほぐして、夜はお風呂の後に、ストレスがかかって疲れた部分、背中や頭などをほぐしています。
また、ヨガのメソッドで交感神経と副交感神経を交互させるストレッチがあるのですが、それも取り入れると、すっと意識をシャットダウンできる。呼吸を意識しながら瞑想をしたり、ヤムナボールとともに太陽礼拝を10回ぐらいやったり……とにかく体が縮まっている部分を伸ばすことが重要です。

――前半でも、ストレッチに重点を置いているとおっしゃっていましたね。

結局、メンタルとフィジカルを分けることはできないんですよね。 “睡眠のために!”“健康のために!”とやると続かない。でも、ストレッチやヨガをやると気持ちがいいし、体調もメンタルも整うとなれば、自然とそれが日常になっていく。今、アロマの勉強もしているのですが、ハーブの力は本当に素晴らしいんです。食用ハーブがあり、食べてももちろん効果がありますが、匂いによって交感神経を鎮めたり、逆に目覚めをよくしたりもできる。湯船に入れたり、ボディークリームと合わせたり、体調によって使い分けています。

――自分の体と向き合っているからこそ、できることですね。

RIKACO:そうですね。今、自分に何が足りていないのかを冷静に見つめてプラスしていくことが基本。生活の中で、小さなことでも楽しみを見つけていく。それが、ポジティブでいることに繋がっていきます。ずっと同じことじゃなくても、飽きたら次の楽しみを見つければいい。私もずっと同じことをするのはあまり性に合わないので、そういう意味ではつねに新しいことに挑戦できるこの仕事は合っているんでしょうね。
ただ、ストレスを排除することと繋がっていますが、この年になってあえて苦手なことをする必要はないと思っているんです。できるだけ、良いところを伸ばしていきたい。自分が「これが良い」と思うことを追求して、自分を育てることを大事にしています。例えば今出演している舞台※も、このメンバーとこういうお仕事ができる機会は人生で2度とないかもしれない。毎日1000人のお客さんが来て下さって、それを20回やるわけだから、単純計算で2万人の人たちと向き合うなんてすごい経験ですよね。これは楽しまないと損じゃない。もちろん体力的にも精神的にも大変だけど、この瞬間を私はいま、楽しんでいこう!と思っています。もちろん、舞台が終わったあとの夏休みも待ち遠しいんですけどね(笑)。

――お仕事とプライベート、フィジカルとメンタル、様々なバランスをうまくコントロールしていることがよく分かりました。

RIKACO:なかなか難しいことだけど、いつも向日葵みたいな人でいたいんですよね。こうやって久しぶりに女優業を再開したり、資格制度を作って人を教える立場になったり……この年になっても、新しい自分の始まりを感じる喜びがあります。もちろんそのために努力をしているし、結局自分がどこに向かいたいのか、何がしたいかで人生は変わっていくと特に今は思っています。

――先ほど楽しみにしているとおっしゃっていたお休みは、どんな過ごし方をする予定ですか?

photo3RIKACO:犬がいるからなかなか難しいのですが、少し長めにお休みが取れたら、パリでアパートを借りて、3ヶ月ぐらいゆっくり生活してみたいなと思っています。アメリカにはしょっちゅう行っているのですが、ヨーロッパのオーガニック食材にも興味があって。パリのマルシェや蚤の市、そこから足を伸ばしてイタリアにも行きたいな……とか、いろいろ空想しています。
20年、一生懸命子育てをしてきて、仕事や自分の時間を犠牲にしたこともあったけど、やっとここまで来られた。これからどうなるか分からないけど、自分の時間を大切に過ごせるようになって、人生捨てたもんじゃないなって(笑)。これからの人生を、楽しみたいですね。

(※取材時『八王子ゾンビーズ』に出演・現在は終了)

過去のバックナンバー

過去のバックナンバー

PAGE TOP
ページ先頭へ戻る
公式SNS Facebook Twitter Youtube 一覧

一覧公式SNS

ページ先頭へ戻る