閉じる

トップ > カラダにいいはなし > 輝くココロの秘訣

 

HEART&SMILE 輝くココロの秘訣

HEART&SMILE 輝くココロの秘訣

今月のゲストは福西 崇史さん

今月のゲストは福西 崇史さん

撮影/高橋宏幸
取材・文/水野光博
編集/仲田舞衣

Profile

photo
福西 崇史(ふくにし たかし)
1976年、愛媛県出身。幼少期から器械体操を習い、小学4年生からサッカーを始める。1995年にジュビロ磐田に入団、その後の黄金期を支える一員に。日本代表としても活躍し、2度のワールドカップに出場。2009年に引退、解説者として活動を開始する。2018年、マンガ『キャプテン翼』の作者・高橋陽一が後援会会長を務める南葛SCで現役復帰を果たす。
 
【公式Instagram】
https://www.instagram.com/takashi_fukunishi/

サッカー日本代表として、2002年の日韓大会、2006年のドイツ大会と2度のワールドカップ出場経験を持つ福西崇史さん。現在はテレビ解説のみならずサッカースクールや講演会など活躍の場を広げ、さらに今夏、10年ぶりに現役復帰を決断。走り続ける42歳のココロとからだの健康法とは――?

――10年ぶりに現役復帰を決断した理由から教えてください。

photo1福西:南葛SCに深く関わられている高橋陽一先生から熱烈なオファーをいただいたことが大きいです。多くのサッカー選手同様、僕も『キャプテン翼』を読んで育ちました。マンガに登場する“南葛SC”でプレーできるということを光栄に思います。もちろん、42歳での現役復帰には不安もありました。ブランクの長さはもちろん、ケガをしやすい身体になっているのではないかなど……。それでも、「今の君の力でいい」と言っていただけた事で背中を押されました。現在、東京1都1部リーグに所属する南葛SCが、関東リーグ昇格という目標を果たせるように全力で挑みたいと思っています。

――――実際に練習に参加してみて感触はいかがですか?

福西:今は身体中が痛いですよ、筋肉痛で。久しぶりに感じる心地いい痛みです。もちろん、できる限りのプレーはしようと思いますし、僕は近い将来、Jリーグの監督という目標を持っています。現場の空気を吸い、真剣勝負の場に身を置くことで、大きな刺激を日々受けています。

――2009年の引退後も体型的な変化はないように思いますが、トレーニングを続けていたんですか?

福西:体型はほとんど変わりませんが、筋肉量が減った分、身体が少し小さくなりましたね。プロ時代のようなストイックなトレーニングはしていませんが、普段から仲間内でサッカーやフットサルはしていましたし、仕事でプレーできない日が続くと、近所を走ったりもしていました。仕事や取材が近場ならば自転車で現場に行ったりもしていますね。

――運動を続けていたのは、現役復帰が視野に入っていたということですか?

福西:いえ、まったく考えていませんでした。ただ、いつまでもサッカーを楽しくプレーし続けたいというのが、僕の人生の目標のひとつなんです。現役時代、サッカーは仕事でした。引退して趣味に変わりましたが、大好きなサッカーを楽しめる身体は維持していたかったんです。

――なるほど。では、食事に関しては以前と変化はありますか?

福西:当然、年齢のこともありますし、食事の量はプロ時代より減りました。それでも、我慢してストレスを溜めるより、好きなものを食べるという食事のスタイルは変えていません。もちろん、栄養が偏らないようにバランスは考えますし、一品の量は少なくして、できるだけ多くの品目を摂るようにもしています。ただ、何より太るということが最大のストレスになるので、消費カロリーが減った分、好きなものであっても摂取する量を少なくしています。

――「ストレスを溜めないためにも好きなものを食べる」というのが、福西さんのプロ時代から変わらない考え方なんですね。

photo2福西:はい。僕は以前からカロリー計算を厳密にやっていたわけではないんです。好きなものを我慢せず、かといってパフォーマンスを落とすわけにはいかないので、自分の身体と相談しながら何をどのくらい食べるかを決めていました。例えば試合前はうどんを食べるのが恒例だったんです。うどんが好きだというのが第一ですが、同じ炭水化物、同じカロリーでも、おにぎりだけで2個、3個となると「胃が重いな」と僕は感じるんです。当然、うどんだけでは栄養が偏ってしまうので、サラダも食べます。食べられる量は決まっているので、その中でストレスを感じないように食べるものを選んでいましたね。
もちろん、そこにたどり着くまで試行錯誤を繰り返しました。身体に良くても野菜ばかりでは試合中にスタミナが切れてしまうし、肉が多すぎると身体が重く感じる。体調によっても必要な食事量も変わってきます。いつも通りの量を食べても、もう少し食べたいと身体が欲したら、おにぎりをひとつ追加して食べたりと微調整も必要です。時間をかけて自分なりのデータを蓄積し、何をどのくらい食べるかを決めていましたね。

――食事やトレーニング、身体づくりを真剣に考えるようになったのはいつからですか?

福西:高校を卒業しジュビロ磐田に入団して3年目、ようやく「プロの世界でやっていけるかもしれない」と自信を持ち始めた矢先に足首をケガしたんです。復帰まで3ヶ月かかり、ようやくプレーできると思ったら、今度は右ヒザの靭帯をケガしてしまいました。サッカー選手にとって、サッカーができないことは何より辛いことです。リハビリ中、「同じ思いをしないためにどうしたらいいか?」ということを真剣に考え、自分の身体について見つめ直すきっかけになりましたね。この時に、ケガに対する考え方、サッカーに対する考え方も大きく変わりました。普段の生活が、自分の仕事であるサッカーのパフォーマンスに大きく関わると気づけたんです。
復帰後、フィジカルコーチなどとトレーニング内容を相談しながら、さらにプラスして自分の感覚、身体との対話を大事にするようにしました。食事はもちろん、筋トレをして筋肉を増やしても、重すぎると動きにくい。軽すぎると当たりに弱くなってしまう。自分にとって一番いいバランスを探しました。

――トライ&エラーを繰り返して理想の身体に近づけていった、と。

福西:身体に良いとされるトレーニングや食事には、基本となるマニュアルがあると思います。ただ、人はひとりずつ違う。だから微調整が必要だし、健康や身体づくりに限らず、自分にとってのベストは何なのか、自分自身で考え判断することが大事だと思うんです。だから、何が良いか悪いかを判断できるようになるためにも、できるだけいろいろな経験を積んだ方が良い。
僕には息子がふたりいるんですが、大人は子どもが何か問題にぶつかりそうな前に気がつきます。でも、失敗する前に障害を大人が退けてしまうと、子どもは自分で考える力がつきません。問題解決のために自分で考えるということは、一見遠回りに見えて、最短距離なのかなと思うんです。もちろん、その瞬間は最善だと判断したことでも間違っていることもある。その失敗を受け止め、次に活かすことが大切です。

――自分自身で考え判断するということが大事なんですね。

福西:僕はサッカー選手という、ある意味で特殊な道を歩んできましたが、プロアスリートの歩む道というのは、想像以上にサポートが整っています。ピッチで良いパフォーマンスを発揮するということに集中できるよう、様々な人がサポートしてくれる。僕は30代になって解説者となり、サッカー選手以外の仕事を経験しました。すると、多くの問題に直面するし、その際に自分で判断し解決しなければいけないことが多いことを学びました。だからこそ、どんな道を進むのであれ、小さいうちから自分で考える力は培っておくべきだと感じます。小さい失敗は何度しても良いと思いますし、実は遠回りしたからこそ近道がわかるかもしれない。いろんな経験をしたからこそ、正解も不正解もわかるようになると思うんです。

――親が子どもの先回りをしすぎないということが大切ですね。

photo3福西:もちろんです。そうは言っても、僕は短気なので息子に対してイラっとしてしまうことも多いんですけどね(笑)。ただ、子どもを叱るのは自分を叱ることに似ているというか。子ども時代の自分も親の言うことを全部聞いたわけではない。それに、サッカー選手時代はもちろん、解説の仕事をしている今でも、いっぺんにアドバイスをされると、大人の自分でもいっぱいいっぱいになってしまう。だから、子どもに注意する際は、伝えたいことがたくさんあっても、相手にとって今一番大切なことは何か、それを伝えるために一番簡単な言葉は何かということを考えます。しかし、どれだけシンプルに繰り返し伝えても、子どもが全てを理解してくれるわけではない。世の中、そんなに簡単にはできていない(笑)。だからこそ、子育ては面白いのかなと思いますね。

後半につづく

過去のバックナンバー

過去のバックナンバー

PAGE TOP
ページ先頭へ戻る
公式SNS Facebook Twitter Youtube 一覧

一覧公式SNS

ページ先頭へ戻る