トップ > サステナビリティ活動 > 特集トップ(工場概要) > 栃木小金井工場の素材を活かす再生・転用技術で社会に貢献!

サステナビリティ活動

栃木小金井工場の
素材を活かす
再生・転用技術
で社会に貢献!

2023.05.29

栃木小金井工場では、アサヒグループのビール工場で発酵に使用したビール酵母から酵母エキスを製造しています。酵母エキスは、栄養成分が豊富で、食品のうまみやコクを付与する効果があり、さまざまな食品に使用されています。乳酸菌やビフィズス菌などの微生物を増殖させる培地にもなります。さらに当工場では、酵母エキス製造工程において生じる排水をメタン発酵させてバイオマス発電を行っています。バイオマス発電はCO2排出量削減の上でも有効です。

当工場では、アサヒグループ食品社員、協力会社の方々を合わせて約60名が働いています。ビール製造時に必ず出てくるビール酵母を活用し、新たな価値をつけて生まれ変わらせる仕事に、全員大きなやりがいを感じています。若手が多い製造現場(平均年齢26.5歳)を中心に、全体として「改善マインド」が非常に高い職場です。社内で実施している全社対象の活動報告会である「AG食品アワード」や「生産物流本部業務改善活動報告会」でも高い評価を受けてきました。大変風通しが良い雰囲気で、「みんなでサステナビリティ活動に取り組もう」という気概に満ちた工場です。

この内容はインタビュー当時(2023年3月)のものです。

画像

「酵母エキス」で健康な社会に貢献できる喜び

酵母は、ビールやパン、ワインなどの発酵食品の製造に欠かせない微生物で、ビールの製造においては、麦汁を発酵させ、その過程において味や香りを決定する重要な役割を担っています。ビール製造における役割を終えても、ビール酵母…

画像

画像

バイオマス発電などの施策で環境目標達成に貢献

アサヒグループ食品は2018年8月、アサヒグループホールディングス統合認証の一拠点として、ISO14001:2015年版を取得しました。ISO14001は、組織が環境目標を達成するための仕組み、「環境マネジメントシステム(EMS - Environmental …

画像

画像

「ゼロ災」を目指してボトムアップで職場環境を改善

私は入社3年目から栃木小金井工場で安全衛生担当を務めています。安全衛生活動の一環として、「ヒヤリ(H)」「ハット(H)」「気がかり(K)」「やりにくい(Y)」ことを報告しあい、改善に結びつけていく取り組みを「HHKY活動」と…

画像

画像

きめ細かい取り組みで地域に信頼される工場に

栃木小金井工場では年に数回、アサヒグループ食品従業員と委託先従業員で工場内と周辺の清掃を行っており、私はその活動の取りまとめを担当しています。当工場には当社の従業員が約40名、委託先の従業員が約20名勤務していますが、…

画像
PAGE TOP
ページ先頭へ戻る

一覧公式SNS

x

ページ先頭へ戻る