サステナビリティマネジメント

アサヒグループでは、アサヒグループホールディングスの下、グループ理念“Asahi Group Philosophy”の実現に向けて「アサヒグループサステナビリティ基本方針」を基軸となる考え方に据え、サステナビリティを推進しています。また、サステナビリティの推進によって目指す未来の姿を「アサヒグループサステナビリティビジョン」として明文化しています。

詳細は、アサヒグループのサステナビリティをご覧ください。

アサヒグループ
サステナビリティ基本方針

  • 1

    アサヒグループの商品やサービスは、自然の恵みを使って、期待を超えるおいしさの実現を目指しています。その大切な自然の恵みを後世につないでいくために、限りある自然を守ります。

  • 2

    アサヒグループは、自社の商品・サービスを通じて、人々の楽しい生活文化の創造を目指しています。よりよい生活文化が継承されていくために、持続可能な社会を形成します。

アサヒグループ
サステナビリティビジョン

私たちは、基本方針に則り、経営戦略に「環境」 「人」 「コミュニティ」 「健康」 「責任ある飲酒」を組み込み、事業を展開するすべての地域でよりよい未来に向けた価値を創造していきます。
この取組みを通じて国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献できるよう、私たちは挑戦と革新を続けます。

アサヒグループ食品は、アサヒグループの食品事業を担う事業会社として、 “Asahi Group Philosophy”の実現に向けて一体となって取り組むとともに、当社の強みや独自性を活かしたESG活動を通じて、社会課題の解決に取り組んでいます。これらの一層の推進のために、ESG指針や3つのマテリアリティを掲げ、中期経営計画や年次計画に具体的に落とし込みながら着実に進めています。

Asahi Group Philosophy

また、ESG指針や3つのマテリアリティへの理解・浸透を図るために、経営からメッセージを直接発信したり、社内報冊子や社内報Web媒体で具体的な活動事例を紹介するなどして、一人ひとりが自分ごととして業務に結びつけて行動できるように取り組んでいます。そして、2020年度より業務を通じて実現しているESG活動を全社で大々的に発表する場も設け、あわせて「表彰」を行うことで、活動の重要性や共感性を高めています。

環境への取り組み

アサヒグループ環境基本方針

アサヒグループは、水や農作物など「自然の恵み」を享受して事業活動を行っています。
最高の品質を追求し、期待を超えるおいしさを創造し続けるために、「自然の恵み」を育む地球環境を次世代に引き継ぐ責任があります。

目指していくのは、環境負荷を低減させるだけでなく、革新的な取組みによって、環境へプラスとなるような循環を生み出すこと。
事業成長とともに持続可能な社会の実現に挑戦し続けます。

  • 1

    私たちは、各国および各地域の環境法規制を遵守します。

  • 2

    私たちは、環境負荷低減に向けてマネジメントシステムを構築するなど、継続的な改善に取り組みます。

  • 3

    私たちは、エネルギーや水、原材料などの事業活動に必要な資源の使用効率の改善を図り、温室効果ガスや廃棄物の抑制、汚染防止や環境保護に努めます。

  • 4

    私たちは、バリューチェーン全体の環境負荷低減に向けて働きかけます。

  • 5

    私たちは、適切な情報開示により、透明性や信頼性を高め、ステークホルダーとの積極的なコミュニケーションを図ります。

アサヒグループ環境ビジョン2050

アサヒグループは、水や農作物など「自然の恵み」を享受して事業活動を行っています。最高の品質を追求し、期待を超えるおいしさを創造し続けるために、この度、取り組むべき環境に関わるリスクを整理し、改めて課題を設定しました。そして2019年、これまでの環境ビジョンを刷新し「アサヒグループ環境ビジョン2050」を策定しました。
アサヒグループは、2050年までに、事業活動における環境負荷ゼロ(ニュートラル)を目指すとともに、アサヒグループの独自技術を活かし、社会により多くの環境価値を創出(プラス)を目指すことで、事業成長とともに持続可能な社会の実現に挑戦します。

アサヒグループ環境ビジョン2050

アサヒグループ環境ビジョン2050

アサヒグループ環境ビジョン2050全体像

“ニュートラル&プラス”の発想で自然の恵みを次世代につなぐ

ISO14001の取り組み

ISO14001:2015年版認証取得

アサヒグループ食品は、日本エフディ株式会社、和光食品工業株式会社とともに、2018年8月にISO14001:2015年版をアサヒグループホールディングス統合認証として取得しました。現在、工場ではCO2排出量および水使用量の原単位(前年比)1%削減、本部では返品率削減、環境配慮設計などの目標を掲げています。

ISO14001:2015年版認証

ISO14001:2015年版認証

内部監査

内部監査

外部審査実施

外部審査実施

外部審査

外部審査

環境マネジメント体制

アサヒグループ食品では、トップマネージメントを社長とした体制のもと、環境管理統括責任者、環境管理責任者の本部長、工場長と各本部の推進者が中心となり本部単位で活動を行います。環境マネジメントシステムに係る審議や決定は、環境管理統括責任者のもと、「環境推進会議」を開催し、環境目標の審議、活動の成果の確認、EMS(環境マネジメントシステム)の方向性の提案などを行います。

環境マネジメントシステム体制図

環境マネジメントシステム体制図

環境マネジメント適用範囲

組織:本部・工場を活動の単位とし、関連会社の日本エフディ株式会社、和光食品工業株式会社も含みます。
活動:商品の開発から出荷まで、製品およびサービスの全活動を範囲としています。

ISO14001内部監査

ISO14001の適合性・有効性の確認のため、年1回内部監査を実施しています。「前回および定期監査での指摘事項の対応状況の確認」「部門のEMSの適切な実施・維持の確認」「目標の達成状況と今年の見込み」などを中心に検証し、不適合があった場合は直ちに是正処置あるいは是正計画の立案を行います。
2020年は、「不適合」が1件ありましたが、直ちに是正処置を実施しました。
また、「改善提言」7件や、「良い点」を含む10件のすべての指摘事項については、関連部門に水平展開を行い、活動の強化を図りました。

PAGE TOP
ページ先頭へ戻る

一覧公式SNS

ページ先頭へ戻る