SDGsって知っていますか?

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

SDGsとは?

SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)とは、国や世代を超え、持続可能な社会をみんなでつくることを目標にした世界的な取り組みのことで、2015年の国連総会「持続可能な開発サミット」で採択されました。

SDGsの採択より前には、2000年の「国連ミレニアム宣言」を基にしたMDGs(ミレニアム開発目標)がありました。これは貧困や飢餓の撲滅、初等教育の普及といった目標から成り、2015年までの達成を目指すものでした。2015年までに達成できなかった目標に、環境問題などの新たな課題を加えたのが、SDGsです。

SDGsには、持続可能な社会を実現するための17のゴールと、169の具体的なターゲットがまとめられています。これらは、2030年までに達成することを目指し、「誰一人として取り残さない」を合言葉に、国際社会全体での協力・参加を呼び掛けています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

新聞、雑誌やテレビで取り上げられ、最近では学校の教科書にも掲載されていますので、目にしたことのある方も多いと思います。一人ひとりがサステナビリティへの関心をもち、活動を加速させていく必要があります。

そしてアサヒグループ食品でも、社会に対する責任としてサステナビリティ活動を実践し、SDGs達成にむけて取り組んでいます。

アサヒグループ食品の
SDGs活動

アサヒグループ食品の商品や活動は、長年培ってきた技術やノウハウを生かし、赤ちゃんから高齢者の方まで幅広い世代のさまざまなライフステージで活躍しています。
たとえば、栄養相談会を通じた乳幼児の健康支援、介護の食事に関する情報提供による健康寿命の延伸、児童養護施設・障がい者施設を対象とするフードバンク活動への協力、災害時の食糧支援などです。さらには商品の製造や販売にかかわる環境にも配慮し、設備や資材、輸送方法にいたるまでさまざまな面で改善を続けています。
持続可能な、誰一人として取り残さない社会の実現に向けて、これからも全社をあげて取り組んでまいります。

取り組みの詳細については
E:地球へのバトン」「S:健康へのバトン」「G:社会生活へのバトン」のページにて紹介しています。

地球へのバトン、健康へのバトン、社会生活へのバトン

当社のサステナビリティ活動は、
これらのゴール達成に
貢献しています。

PAGE TOP
ページ先頭へ戻る

一覧公式SNS

ページ先頭へ戻る